読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虎視眈々と

ぼっちがカメラをはじめてみようと思ったの巻

梅を見に

2月に梅を見に金沢自然公園内の梅林へ行った時の話です

f:id:CH3OH:20160331024015j:image
梅を見に行ったのにいきなり水仙^^;

この日はD7000にTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(A005N)
D40にAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gをつけていきまして、とりあえず梅とメジロを撮りたいなぁーなんて思っておりました。
f:id:CH3OH:20160331024420j:image
この日はめっちゃ快晴

f:id:CH3OH:20160331024459j:image

とりあえず望遠レンズで周りをぼかせばいいやーなんて浅はかな考えでパシャパシャと

f:id:CH3OH:20160331025734j:image

f:id:CH3OH:20160331025804j:image

そしてお目当てのメジロはおろか鳥が一羽もいないので重たいD7000とSP70-300コンビはしまい、D40と使いこなせないF1.8 35mmを取り出してみる
f:id:CH3OH:20160331024718j:image
うすら10年前のカメラでも綺麗にとれるじゃない!


600万画素でも全然問題ないね!
素数が多ければ多いほど良いみたいな風潮がありますけど、画質とかってレンズに依るところが大きいと思うんですよね、でなければレンズ沼なんていう恐ろしい底なし沼なんてありえないと思うんですよ。

10年前のカメラを使っていながら今更知ったのですが、D40って1/500秒までストロボ同調するんですね
ってことは自然な青空の明るさのまま花を明るく撮れるってことじゃないですかー
この記事書いてる数日前に知りましたorz
f:id:CH3OH:20160331025055j:image
f:id:CH3OH:20160331025125j:image